糖尿病と動脈硬化

糖尿病での高血糖が続くと血管の障害が起こります。
この血管障害には、細小血管障害と大血管病変(動脈硬化)とがあります。

ここでは大血管病変(動脈硬化)動脈硬化についてお話したいと思います。
動脈硬化とは、心臓や脳、脚などの動脈の壁が傷ついて内皮障害が起き、慢性の炎症のような状態となります。
そして次第に動脈の壁が硬く厚くなり、血液が流れにくくなります。

高血糖は空腹時の血糖が問題なくても食後の血糖値が高ければ動脈硬化の危険性があるわけです。
ですから動脈硬化は進行しているのに気づかずに放置したままだと、突然動脈が詰まることがあり大変恐ろしい病気です。

心臓の動脈が詰まると心筋梗塞、脳の動脈が詰まると脳梗塞、脚の動脈が詰まると壊疽(えそ)が起こります。
動脈硬化と同時に知覚神経障害が起こっていれば、感覚がにぶっているので低温火傷など細菌感染も起こりやすくなり、壊疽のリスクが高くなります。
最悪の場合、切断しないと命にかかわるという危険性も持っているのです。

糖尿病の人は、症状が軽いからと考えて放置してはいけません。
そのような症状にならないためにも、食事や運動に気をつけ、適切な治療を受けて症状の進行を防ぐ生活を送ってください。

食事や運動など生活習慣を見直し、適切な治療を受けそれを守っていくようにしましょう。

糖尿病の予防

糖尿病になってしまったら食事や運動に気をつけて生活しなければなりませんし、合併症の心配もあります。

ですから糖尿病になってから食事や運動に気をつけるよりも、糖尿病になる前に普段から食事や運動に気をつける方がいいですね。
何よりも自身の健康のために、自分の生活を見直してみませんか。

まず規則正しい食生活を送っていますか。
自分に必要なカロリーがどのくらいで、栄養バランスを考えてどのような食事を取ればいいのか考えることは糖尿病に限らず、あらゆる病気に対処する大切な方法です。

・3食きちんと食事をとっているか。
・夜更かしや朝食抜きで生活リズムが乱れていないか。
・暴飲暴食をしていないか。
・運動不足になっていないか。

家族に糖尿病の人がいる場合、自身も糖尿病にかかる可能性が大きく、しかも糖尿病は自覚のできる症状がある病気ではありません。
そのためにも定期的に健康診断を受けることは大切な予防のひとつです。

健康診断で血糖値が高かった場合には、診察を必ず受けましょう。
また血糖が正常値と糖尿病との間の境界型と診断された場合は、必ずしも糖尿病になるわけではありませんので、食事と運動に気をつけて血糖値を正常にできれば発症を防ぐことができます。

腹八分の食事を心がけ、日常生活にウォーキングやストレッチなど無理のない運動を取り入れ、病の進行を防ぎましょう。

規則正しい生活と継続できる運動を心がけて、病気を未然に防ぐことが大切ですね。

糖尿病の予防

糖尿病になってしまったら食事や運動に気をつけて生活しなければなりませんし、合併症の心配もあります。

ですから糖尿病になってから食事や運動に気をつけるよりも、糖尿病になる前に普段から食事や運動に気をつける方がいいですね。
何よりも自身の健康のために、自分の生活を見直してみませんか。

まず規則正しい食生活を送っていますか。
自分に必要なカロリーがどのくらいで、栄養バランスを考えてどのような食事を取ればいいのか考えることは糖尿病に限らず、あらゆる病気に対処する大切な方法です。

・3食きちんと食事をとっているか。
・夜更かしや朝食抜きで生活リズムが乱れていないか。
・暴飲暴食をしていないか。
・運動不足になっていないか。

家族に糖尿病の人がいる場合、自身も糖尿病にかかる可能性が大きく、しかも糖尿病は自覚のできる症状がある病気ではありません。
そのためにも定期的に健康診断を受けることは大切な予防のひとつです。

健康診断で血糖値が高かった場合には、診察を必ず受けましょう。
また血糖が正常値と糖尿病との間の境界型と診断された場合は、必ずしも糖尿病になるわけではありませんので、食事と運動に気をつけて血糖値を正常にできれば発症を防ぐことができます。

腹八分の食事を心がけ、日常生活にウォーキングやストレッチなど無理のない運動を取り入れ、病の進行を防ぎましょう。

規則正しい生活と継続できる運動を心がけて、病気を未然に防ぐことが大切ですね。

糖尿病合併妊娠

糖尿病の女性が妊娠した場合、糖尿病合併妊娠となります。

糖尿病合併妊娠になると、糖尿病性ケトアシドーシス、羊水過多症、妊娠高血圧、早産などのリスクがあります。

糖尿病性ケトアシドーシスとは、高血糖のために全身嫌悪感や激しい腹痛のほかこん睡状態に陥ることもある症状です。
羊水過多症になると、羊水が多くなって、子宮が膨らみ下半身にむくみや痛みが出たり、呼吸が苦しくなるなどの影響を母体に及ぼします。

赤ちゃんが巨大児や、逆に低出生体重児になる危険性もあります。
また分娩時に赤ちゃんが巨大児になっていれば、帝王切開率が高くなり産道裂傷などのリスクが高くなります。
また産道の抵抗が大きくなることにより、赤ちゃんが頭血腫になったり、低血糖などになりやすいので、充分に経過を見守る必要があります。

妊娠初期に高血糖であると赤ちゃんも高血糖になり先天奇形になる危険性も高くなります。
そのため、糖尿病の女性は妊娠前には血糖値をコントロールしておく必要があります。

そのほか、糖尿病性網膜症や腎症などにもかかっていないか、かかっている場合にはきちんと治療し、妊娠してよい状態にしておくことが大切です。

妊娠中の食事療法は、血糖値のコントロールの基本となりますので、お母さんだけでなくおなかの赤ちゃんのためにも規則正しく栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

また、産後の赤ちゃんへの母乳育児についてですが、インスリンは母乳から赤ちゃんへは移動しませんので、可能ですが、その際、お母さんはエネルギーを消費するので低血糖になりやすくなります。

産後は忙しさから食事が不規則になったり、寝不足などで血糖コントロールがおろそかになりがちですが、赤ちゃんとお母さんの体を守るためにも、規則正しい生活習慣をして、家族や周りの人にも協力をお願いしましょう。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、糖尿病でなかった人が妊娠により血糖値が高くなった症状を言います。

妊娠すると胎盤から出るホルモンによってインスリンの作用が弱まりますので、妊娠中は普段よりも多くの量のインスリンが必要とされますが、その量が足りないと糖尿病を発症する場合があります。

妊娠中の血糖値が高いと、難産になったり、4000g以上の巨大児が生まれたり、出産後本当の糖尿病になるリスクが大きくなります。

妊娠中の、お菓子や果物といった糖分の取り過ぎが、妊娠糖尿病の一番大きな原因となりますので、食事のバランスを考えて糖分を取りすぎないよう気をつけましょう。

妊娠中はたくさん食べなさいと言われたり、つわりが終わってから食欲が増す場合もありますが、やはり食べすぎないよう気をつけ、またファストフードや加工食品はなるべく避けるようにしましょう。

運動は、血糖値を下げるのに効果的ですので、散歩やマタニティスイミングなど、妊婦さんに合った運動を無理をせず続けて体調を整えましょう。
食事と運動に気をつけ、ストレスを溜めないように心がけて、お母さんにも赤ちゃんにも良い状態を作ってあげましょう。

そして、もしかして妊娠前から糖尿病にかかっていたのに気づかなかったという可能性もありますので、できれば妊娠前に糖尿病の検査を受けることをお勧めします。

高齢者の糖尿病

加齢によりインスリン分泌や効き方が低下すると、糖尿病にかかりやすくなります。

また高齢者が糖尿病になった場合、加齢による他の病気をかかえていたり、合併症になる可能性も多いため数種類の病気を1人で抱えていたりします。
高齢者は動脈硬化も起こりやすいので、脳梗塞など合併症を引き起こしてしまいますから、血糖をしっかりコントロールしておくことが重要です。

高齢者であっても基本的には、食事療法と運動療法が必要です。

長年の食事の嗜好が定着して簡単に変えられないため薄味の糖尿病食に馴染めなかったり、男性の一人暮らしで糖尿病食を作るのが難しいという問題があります。

家族と一緒に暮らしていない人、もしくは昼間は1人になってしまう人には、そばにいて配慮したり注意したりする人がいないという問題もあります。
食事を残すのはいけないとの思いが強いため、残さず食べてしまうのも糖尿病を悪化させる元です。

さらに、食事療法で用いられる食品交換表を使いこなすのが難しく自己流の食事になってしまう可能性も高いのです。

そのためにもヘルパーの派遣や訪問看護サービスなどを上手に利用して、症状を悪化させないよう工夫しましょう。

一方、運動療法は体力の低下や持病に配慮して行わないと、方法によっては体調を悪化させたり、関節炎や骨折を引き起こしかねません。
医師と相談の上、どのような運動を行ったらよいのかを決め、無理して運動をせずに体調や天気の悪いときには休むよう心がけましょう。

子どもの糖尿病

糖尿病は、大別してすい臓でインスリンが作れない1型と、生活習慣が原因の2型の2つがあります。

日本人の糖尿病は、1型の割合は5%、2型は95%です。
1型の原因はウイルスとも遺伝子とも言われていますが、原因ははっきりとはわかっておらず、生活習慣とは無関係です。
また、子どもの発症者が多いので、小児糖尿病とも呼ばれています。

1型糖尿病の人は、運動や食事によって血糖値が変化しやすく、低血糖・高血糖どちらにも注意が必要なため、血糖コントロールのインスリンが欠かせません。
しかし、子どもの場合は成長するためのエネルギーが必要なので、食事の制限よりも血糖値をコントロールすることが重要になってきます。
この血糖値をうまくコントロールをすることで、通常生活を過ごしていくこともできます。

このように1型は子どもや若年層に多い病気ですが、近年、生活環境の変化から子どもにも2型の糖尿病が増えてきました。
2型でも、子どもの場合には成長のためのエネルギーが必要なため、成長に見合った食事が必要ですが、著しい肥満である場合や成長が止まった場合には、大人と同じように食事制限が必要になります。

1型・2型いずれであっても、子どもの糖尿病は大人の糖尿病以上に家族の支えが必要です。
規則正しい食事の管理と子どもの体調管理は、医師との連携、子どもの努力と家族のサポートが不可欠です。

正しい情報を得て、子どもの健康を維持していきましょう。

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表2

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表では、各表の中で食品を交換できます。
あくまでも交換は同じ表の仲間の中だけですので、表1と表2の食品の交換はできません。


「表1 主食の仲間」では、ご飯50グラムと食パン30グラムを交換することができます。

毎日の食事では、単位配分の指示をもとに考えます。
たとえば
主食は、表1のご飯、パン類、麺類から。
主菜は、表3の魚・肉・大豆・卵・チーズから。

調理方法も煮る・焼くなどを中心にカロリーが高くなりすぎないように注意しましょう。
塩分量を守るためにも味付けは薄味にしましょう。
副菜は、表3の魚・肉・大豆・卵・チーズと表6の野菜の仲間海草、きのこ、こんにゃくを含む)を上手に組み合わせましょう。
牛乳や果物は献立に応じて3食の中や間食で取り入れましょう。

単位数を守るために、1単位あたりの量を実際に測って、調理し、食べてみて、自分の目やお腹で覚えていきましょう。
そうすることによって外食時でもどの位食べればいいのか検討がつきやすくなります。

規則正しい栄養バランスのとれた食事で、糖尿病の進行を是非防ぎたいものです。

食事療法の基本は
・腹八分目におさえる。
・脂肪は控えめにする。
・できるだけ食品の種類を多く取る。
・食物繊維を多く含む食品(野菜、海藻、きのこなど)を食べる。
・3食を規則正しく、ゆっくり、よく噛んで食べる。

徐々に指示された単位に近づけるように心がけましょう。

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表1

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表では、以下のように約500種類の食品を、主に含まれる栄養素によって6つの表に分けています。

表1 主食の仲間
表2 くだものの仲間
表3 魚・肉・大豆・チーズ・卵
表4 乳製品の仲間(チーズは除く)
表5 油の仲間
表6 野菜の仲間(海草、きのこ、コンニャクを含む)

食品交換表の中では、80キロカロリー=1単位として計算します。
この6表と調味料や塩分の値も加わります。

普段食べる食品がどのグループに入っているのかを知っておきましょう。
栄養バランスが取れた食事を取ることは、糖尿病の進行を防ぐ上で大変重要です。

個人の身長、体重、年齢、性別や仕事内容などを考慮して、医師から一日のエネルギー摂取量を指示されますので、各表の中で配分して献立を決めて食事を取りましょう。

ご飯の場合50グラムが1単位となります。
【1日の指示単位(指示エネルギー)の配分例】 
1600キロカロリーの場合は
表1 11 単位 (朝3 昼4 夕4)
表2  1 
表3  4  (朝1 昼1 夕2)
表4  1.5
表5  1
表6 1  (朝0.3 昼0.3 夕0.4)
調味料0.5
塩分 7g以下

以上 合計20単位となります。

■標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
■エネルギー摂取量の目安は、標準体重×身体活動量
■標準体重1kgあたりの身体身体活動量の目安は
・軽労作(デスクワークの人や主婦) 25〜30キロカロリー
・立ち仕事の多い職業の人     30〜35キロカロリー
・力仕事の多い職業の人      35キロカロリー〜

以上はあくまで目安ですので、医師の指示に従いましょう。

ペットボトル症候群

「ペットボトル症候群」という言葉をご存知でしょうか。

糖分が多く含まれた清涼飲料水を容量の多いペットボトルで飲みすぎて起こった、「糖尿病性ケトアシドーシス」を「ペットボトル症候群」と呼びます。

糖尿病性ケトアシドーシスは糖尿病の悪化で起こります。
インスリン機能の低下で、エネルギーとしてブドウ糖を必要量吸収できず、体の筋肉や脂肪からエネルギーを利用しようとします。
この時そこからできるケトン体というものによって血液が酸性になります。
通常は中性であるべき血液が酸性になるため、体の機能が低下しひどい場合には意識がなくなります。

ペットボトル症候群の場合、まず糖分が多く含まれるペットボトルなどの清涼飲料水を飲みすぎ高血糖に、そして糖尿病へとつながってしまいます。
糖尿病になると喉が渇くので、さらに清涼飲料水を飲み高血糖を更に悪化させてしまい、糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こすします。
喉が渇いた時には麦茶などで水分を取るようにしましょう。

また、糖尿病は尿の量が多くなるため糖尿病が悪化すると脱水状態になり、「糖尿病性昏睡」という昏睡状態に陥る危険性があります。

糖尿病はこのように体の機能の低下を引き起こす病気ですので、規則正しい食事や運動、治療で血糖をコントロールしなければいけません。

食事や飲み物を把握し考えて摂取することは、自分の体を守ることにつながるということを覚えておきましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。